nalacarte

奈良のアラカルト=ナラカルトは奈良の観察記録です。

仏像

十輪院 石の魅力/空海もゆかりの深い寺院。奈良時代からの石造仏が境内のあちこちに点在しています。

奈良時代は言うに及ばず鎌倉時代以降の石造仏が目を引きます。大きさもさまざまで菩薩像や不動明王などの仏像ばかりか、中世から流行り始めた地蔵信仰のためのお地蔵さんが出迎えてくれます。梵字だけを彫った石柱や曼荼羅を描いたといわれる石もあります。…

東大寺 元旦/東の空が白み始める頃。大仏殿の輪郭が浮かび上がり、金色の鴟尾がひときわ輝きを増します。めでたし、めでたし。

いまから約千年さかのぼること、平家によって大仏殿は無残にも火を放たれてしまいました。大仏さまも焼けただれ長い間風雨にさらされていました。江戸時代にようやくと再建されますが規模はぐっと小さくなり三分の二まで縮小されてしまいます。それでもこの…

東大寺/夜の大仏殿 夜陰に威容を誇る大建築。仏教に活路を見いだし大国たらんとして踏ん張った勢いがいまだにありました。

激しく揺れ動いた天平時代に聖武天皇は即位し、藤原不比等の後ろ盾によって国のかたちを整えていきました。しかし不比等は志なかばで逝ってしまいます。その空白を埋めたのは詰まるところ仏教でした。厩戸皇子が仏教に着目してから、およそ150年後のこと…

天川村 栃尾観音堂 円空/初夏の深山に分け入って静かに微笑む仏に出会いました。荒々しい彫りなのに見目麗しい。

天川村は山岳修行へのとば口です。役行者も空海もここから大峰山を目指したのでしょう。円空は彼らの足跡を追うようにして二度も越冬の修行をしています。厳しさはいかばかりか。強い求道精神があればこその山岳修験者でした。その円空が一宿一飯の恩義に報…

Copyright(c)2016 Nalacarte.All Rights Reserved.