nalacarte

奈良のアラカルト=ナラカルトは奈良の観察記録です。

初夏

奈良公園 濃い緑 薄い緑/しなやかに枝を伸ばし、葉を広げ、遠目にも鮮やかな初夏の緑の饗宴です。

瑞々しい生命力を解き放つような初夏の緑。日々、ぐんぐんと。美しい花をつけていなくとも野性的な美しさが際立っています。風にそよぐその姿はいかにもはつらつとして、観賞している私たちの気持ちも活力にあふれてきます。緑一色の風景は秋の紅葉にも勝る…

奈良公園 夏立つ/鹿の袋角 春蝉 萌え立つような明るさに包まれています。

野も山も緑一色。その中に梅雨入り直前の美しい花々が咲き誇っています。桜と藤が散った後の華やぎがさんざめいています。色といい、香りといい、小さいながらも神々しいまでの気高さにあふれています。まるで天外に遊ぶよう。夏の気が立ち始めました。 鹿の…

奈良公園〜山辺 茶色の点景/ドライになった草木が初夏の風に揺れています。新緑の中のほほ笑ましいフォルムです。

夏日の風景の中に去年の草木が美しいフォルムを見せています。瑞々しい緑の中に乾燥しきった茶色。かえって目立つ存在となりました。自然の織りなすオブジェとでも言いたくなるような存在です。人間の手ではなかなかこうはいかない。枯れ果てているのに、な…

奈良公園 初夏の息吹/赤や黄の小さな実がちらほら。眩しいほどの新緑の季節になりました。

透明感のある強い日差しが射してきました。ときどき冷たい空気が混じっていますが夏の到来を予感させます。今年の子鹿誕生のニュースも流れてきました。原生林から渡ってくる風もつややか。目にもこころにも鮮やかな季節です。 なにかを言うのも野暮なほど。…

モノクロームの奈良公園/このごろ奈良町から春日大社辺りにかけてしっとりとした光景が広がります。詩的な雰囲気にうっとり。

雨もよいの日、奈良町とその周縁の公園は色彩がくすんでいるのになぜか鮮やかな感じです。墨の線で書いたような枝ぶりも楽しく、モノクロームの世界はしっとりとして洒落た光景を見せてくれます。落ち着き払った自然と古い町並み。どこか詩的な気分があり見…

奈良町と周縁/降りみ降らずみの梅雨の散歩。木々を渡ってくる風はしっとりとして鈍い光さえ風景に和しています。

奈良町には1300年前の道が東西南北に走っています。細く、くねくねと、上がったり下がったり。まっすぐに見えるところでも凝視してみれば左へ右へと微妙にぶれています。なんともいえない味わいがあって趣深い。今どきこんな所ちょっとない。ああ、きっ…

鹿/野生でもなく、野良でもなく。いつの間にかお辞儀をおぼえて煎餅を頂戴しています。・・・いやはや!

奈良町と鹿の関わりは平安時代からです。神の使いとして大切にされてきました。江戸時代のこと、家の前に鹿が死んでいたら興福寺に届けを出します。そして検分ということになりますが、処理の費用とあわせてちょっとした清め銭をとられたとか。奈良町の人は…

三条通/貴族の高級住宅街を貫いた1300年前の三条大路。もちろん貴人ばかりでなく鹿も闊歩していました。

東西に走る三条通。東は春日大社の参道になりますが、西の端は大阪への最短距離の道となる暗峠に通じています。平城京のまん中を貫く五条大路より以北が貴族に許された高級住宅街だったそうですから、三条大路となれば、平城宮に近い分だけ位の高い貴族が住…

大安寺/戦前戦後を通じてのこと。ベートーヴェンのピアノソナタ第8番「悲愴」がドイツのピアニストによって奉納されました。

ドイツの名ピアニストと言われたヴィルヘルム・ケンプが5回にわたってピアノ演奏を奉納しています。聖徳太子を開基とする大安寺の境内にてベートーヴェンやバッハの曲が奏でられました。なんとも妙な縁ですがそもそも仏教儀式と楽舞は切り離せないものです…

天川村 栃尾観音堂 円空/初夏の深山に分け入って静かに微笑む仏に出会いました。荒々しい彫りなのに見目麗しい。

天川村は山岳修行へのとば口です。役行者も空海もここから大峰山を目指したのでしょう。円空は彼らの足跡を追うようにして二度も越冬の修行をしています。厳しさはいかばかりか。強い求道精神があればこその山岳修験者でした。その円空が一宿一飯の恩義に報…

天理/青い空、広がるばかり。信仰とはなにかと思う。

2500年前にシッダールタが生をうけ、2000年前にイエスが誕生し、1500年前にはムハンマドが出現しました。のちに仏教が生まれ、キリスト教が誕生し、イスラム教が現れました。初めはなかなか理解されず苦難の連続であったことでしょう。日本には…

正暦寺/神の酒は中世になって我らのもとへ。鎌倉時代にはじめて市井の人々の晩酌が始まりました。

古代において酒は宗教や儀式と密接に結びついていました。信仰と関係なく、一人ぽつねんと一献かたむける習慣が生まれたのは鎌倉時代になってからです。栄枯盛衰は世の常というべきか、権力側の衰退がはじまると、権力者に付きしたがっていた酒造りの専門家…

宇陀松山(2)/古代、阿騎野と呼ばれた地。貴族の狩猟場です。男は獣を追い、女は薬草を摘む。薬園は名残です。

宇陀にゆかりのある大手の薬品会社がいくつかあると聞きおよびました。もとはといえば葛粉の製造からはじまっています。山野に自生するマメ科の蔓の根から葛粉を作りますが、その根は漢方の葛根(かっこん)にもなるそうです。風邪薬としての葛根湯といえば…

宇陀松山(1)/そぞろ歩いてみれば、まるでキリコの絵の世界。謎めいた静寂感がありました。

宇陀松山の旧市街に降り立ったそのとき、中枢神経系のなにかが機能しなくなってしまいました。すさまじく青い空と、乾ききった空気。目の前にはまさしくキリコの絵画と思われる世界が広がりあらわれていました。現実のはずなのに、現実と感じられない奇妙さ…

紀州和歌山 湯浅/蜜柑、金山寺味噌、醤油、熊野古道、紀伊国屋文左衛門、明恵上人。そして西方浄土。

奈良にとって熊野は特別な場所です。そしてその向こうの海に思いを馳せています。伊勢や那智がありますが湯浅を忘れるわけにはいきません。 湯浅は熊野古道の中間で和歌山県海沿いの北部に位置します。山の斜面はほぼ蜜柑畑。有田みかんの産地です。もう一つ…

東大寺 山陵祭/オープンエアのアカペラ。新緑に声明が響き渡ります。

聖武祭の翌日のこと。東大寺一山の僧侶は佐保山御陵に向かいました。 聖武天皇が祀られています。深く頭を垂れ参拝する。声明が空に舞う。かくも荘厳な響きがあっただろうかと感慨深いものがありました。 声明声は陵の青青と茂った木々に向けられます。すべ…

東大寺 聖武天皇祭/いかに、いかにと法要は進む。論議法要というもので掛け合いが行われていました。

生前に天皇を譲位した聖武天皇はその当時としては思い切ったことをしました。出家し、天下の安泰を祈ることをなによりも優先させたといわれています。大仏さまが奈良に誕生したのもその結晶です。 鑑真を招聘したのも聖武天皇でした。日本に初めての戒壇院が…

佐紀/古墳を取りまく、その色合い、その深さ、その光。まるでラファエル前派の絵を見ているようです。

デジャビュというべきか。どこかで見たことのあるような光と影が目に染みます。美しき水面にオフィーリア・・・。「ハムレット」の象徴的な一場面を描いたジョン・エヴァレット・ミレーの絵画がここに表出したようです。19世紀の英国の画家が求めた風景。…

Copyright(c)2016 Nalacarte.All Rights Reserved.