読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nalacarte

奈良のアラカルト=ナラカルトは奈良の観察記録です。

11 東大寺 二月堂 お水取り/満行

終わりを全うして練行衆は結束をとかれます。 それぞれの顔にやり遂げた者だけが見せる逞しい境地を浮かべています。 鋭い目つきのなかに優しさがにじんでいます。 練行衆のからだから立ち上る気は天を衝くかのよう。 自坊に去りゆく練行衆は足を一つ運ぶご…

10 東大寺 二月堂 お水取り/しりつけ松明

お水取りの最後を飾る「しりつけ松明」。 前の童子の尻に火がつくほどの近い距離で上がることからそう呼ばれています。 一列に並ぶさまは大団円を迎えるにふさわしい。 荘厳さもさることながら華やかさがなんともいえず 胸の内をほわっと明るくしてくれます…

9 東大寺 二月堂 お水取り/達陀(だったん)

達陀(だったん)とは聞き慣れないことば。 それもそのはずサンスクリット語で焼き尽くされる意とか。 またしても火の行法。 堂内に侵入しようとする鬼を松明によって退治する。 お水取りを始めとするきわめて崇高な儀式と違い、どこか愉快。 見る者の緊張を…

8 東大寺 二月堂 お水取り/籠松明と「お水取り」

籠松明は12日目にあげられる特別のものです。 この日は修二会(しゅにえ/お水取りの正式名称)の頂点をきわめる日となります。 深夜にお水取りと言われる由縁になった「お水取り」が行われます。 籠松明は普段のお松明よりも大きく、夜空を焦がさんばかり…

7 東大寺 二月堂 お水取り/童子がいてこそ

お水取りとは正式に「十一面悔過」(じゅういちめんけか)といいます。 二月堂本尊の十一面観世音菩薩に因んでいます。 仏教の根本には、 過ちは欲と怒りと無知によって引き起こされるものという解釈があります。 なるほど道理です。 しかしながら教わった真…

6 東大寺 二月堂 お水取り/お松明

お松明が現れると一斉に耳目をひき、 いまかいまかと待ち望んでいた人々から大きなどよめきが起こります。 闇のなかにうっすらと浮かび上がる回廊は舞台と化します。 人々の顔は赤く染まり、 うっとりとした表情を見せたかと思うと、 驚嘆と溜息の入りまじっ…

5 東大寺 二月堂 お水取り/湯屋

夕方近くになると練行衆はいったん下堂してきます。 午後の7時には大鐘の合図とともにふたたび上堂します。 この時です。 あのお松明が足下を照らします。 それまでのわずかな間が練行衆の休息のひとときです。 まずは湯屋に向かい疲れを洗い流します。 五…

4 東大寺 二月堂 お水取り/上堂

食事が終われば休む間もなく上堂します。 練行衆の目はなにか遠くを見つめているようです。 一段上がるごとに顔には厳しさがにじみ出て、 なにかに挑みかかろうとする決意が背中にはりついていました。 手始めに掃除が行われます。 ちょっと手荒い感じです。…

3 東大寺 二月堂 お水取り/食作法(じきさほう)

仏教の根本にお慈悲があります。 食事においては、 与えられた食事をすべて口にするのではなく、ひとまとまりを残します。 それらは童子へのお下がりとなり、 鹿など獣への餌となり、鴉など鳥への施しとなります。 楽しむための食事ではありませんが、 かと…

2 東大寺 二月堂 お水取り/食堂

食事は正午の一回だけ。 上堂すれば水を飲むことさえ許されず、 次の日の昼までなにも口にできないそうです。 喜び勇んで走っていく連行衆はあっという間に食堂に消えていきます。 とはいえすぐさま食事にありつけるわけではありません。 長い読経の後でやっ…

1 東大寺 二月堂 お水取り/お松明下ごしらえ

大振りのお松明。 修行そのものに直接関係ない装置とはいえ、 これほど印象的なものもありません。 上堂する練行衆の足下を照らす明かりです。 燃えさかる火はとても神秘的です。 お松明は14日間、毎日、童子によって作られます。 童子とは練行衆の世話役…

山辺の道/夜都伎神社。素朴の上にも素朴。飾り立てるものはなにもないのに威厳があって気高い。

古代びとは自然のさまざまな現象を神の働きであると考えました。風の音、雲のかたち、雷雲から落ちる稲妻などの自然現象を逐一読みとろうとしました。神は何をしようとしているのかと、耳をすまし、心を動かしたのです。すべては神聖なものでした。 黄昏/た…

春日山原始林の原生文様。ほとんど人の手の入っていない場がある。ありのままの姿がこんなところにあるなんて。

我ら地球人、まっとうな自然をずいぶん失ってしまった。自然を壊してしまえば、人間が壊れてしまう・・・。自然をしっかり残すこと。さすれば人間も生き延びることになる。道理至極なり。 原始林とは人に荒らされることなく生存している森林のこと。奈良には…

大安寺と守護神の八幡神社。田園地帯にぽつねんと鎮座していますが往時は東大寺などに匹敵する存在でした。

空海との縁も深く、唐からの並みいる高僧も大安寺を住まいにしていました。国づくりのための地固めが奈良で行われていましたが、大安寺も期待をにない仏教の発展に寄与してきたのです。 そんな大寺院といえども守護神を必要としていました。日本の神さまが仏…

転害門は平城宮に向けて立つ。奈良は唐の影響を強く受けた。仏教美術も頂点を極めた。爛熟した文化が通り抜けた。

転害門は西に向かって屹立するように立っています。天平の門はなにを見続けてきたのかと体をくるりと回し、視点をまっすぐに一条通りの先の方へ落とすと、寸分たがわず平城宮の真ん中に突き当たることがわかりました。1300年、柱は風雨に削がれてでこぼ…

円照寺。鳥は鳴き、葉さやぎて、特別なものはなにもない。静かに対座すれば静寂が聴こえる。すでに完結している。

円照寺は臨済宗の尼門跡。山門より先に立ち入ることはできませんが、禅者の歩く参道にはすでに本堂に連なる厳しさがあります。禅はどんなときでも自然とともにあるそうです。引き寄せることも、突き放すことも無縁。ありのままにいることで自然界の啓示を聴…

奈良町。ぶらりと歩けば古代も、中世も、近世も、そこここに。そんな中に現代がゆるりと踏ん張っている。

谷崎潤一郎は関東大震災のあと、古い文化の息づく大阪に住み着いてしまいました。奈良にもたびたび遊びに来ていたようです。一献かたむけるたびに、薄明かりの中の金屏風の揺らぎにはっとしたことでしょう。陰影礼賛の美を感じ取ったのも、きっと、そんな瞬…

県庁屋上に上がれば敷きつめられた古代が一望の下に。飛鳥も葛城山も山辺の道もなまめかしい。

たたなづく青垣も、大和三山も、吉野の山々も、霞がたなびいて、どこもかしこもぼんやりと見えることがしばしばです。それだけにじっと見やっていると時間の観念はどこかに追いやられ、三輪山の辺りに卑弥呼の声を聞いたようにもなり、はたまた斑鳩の厩戸皇…

飛鳥古京の時代、仏教が伝来。言霊の霊妙な働きによって国は成りたつと考えられた。このとき万葉集が立ち現れた。

政治文化の中心地となった飛鳥は中国の都をまねた景観を持ち、豪族の邸宅が建ち並んでいたという。庶民は奈良時代にあっても竪穴式住居で暮らしていたそうですが、都市生活者が初めて出現した時代となりました。 飛鳥、そのことばの響きは穏やかですが、蘇我…

古代豪族の群雄割拠した葛城。西の山辺の道といわれる古道が走る。とても深い。日本の原風景はここにある。

豪族たちの勢力は古社寺ばかりではなく、古代びとがさかんに行き来した道端にもひっそりと史跡が残っています。この国が日本になろうとしたときの胎動がありました。幹線としての道は今ではのどかな畦道となっていますが、ここにある田んぼはなにも変わるこ…

神は万物に宿るという。神頼みという。神も仏もないという。神さびるともいう。石上神宮、日本最古という説がある。

万葉の時代、生まれるというのと、現れるというのは同じ根を持つことばだったらしい。生まれるは、生る(ある)ということらしく、魂の現れをあらわしている。そして魂は生まれるものの、いずれ幽界へと移行していく。現代的にいえば死ぬということ。しかし…

平城宮跡のすぐ北に水上池。四季を通じて楽しめるとはいえ、冬の風景は詩情ゆたかで凍てつきさえ気分が良い。

ひょっとすると冬の奈良でもっとも変化に富んでいるかも知れません。朝日に映しだされた水面も、夕日に赤く染まる池畔も、ちょっと劇的です。たとえ曇っていても、まるで一枚の絵を観るよう。 渡り鳥が多くやってきます。冬ならではの賑わいです。(ヌートリ…

飛火野の初日の出。冷やっとしているものの、神々しい。古代と同じ光を射しただろうか。

神が降臨するという御蓋山。凍てつく東の空から白くて冷たい光を射してきます。神奈備(かんなび)の辺りだからでしょうか、空の色は赤みを帯びたり、青みがかったり。 なぜか鹿たちもそわそわしていました。終いにはなにかを感じたらしく、いっせいに小躍り…

国を救うために、守るために建立された東大寺の大仏殿。泰然自若とした微笑で新年を迎えている。

見慣れているはずの大仏さまなのに、その大きさに圧倒されてしまいます。些細なことなど、どこへやら。天晴れあっぱれ。 傍に佇むだけで、心穏やかになっていきます。手を合わせる人だれもが安堵の顔。大仏殿の中には大きな宇宙がありました。 特別としか言…

飛鳥古京の時代、仏教が伝来し、古代の神々と一体になりながら国のかたちを整えた。文明の槌音が聞こえる。

政治文化の中心地となった飛鳥は中国の都をまねた景観を持ち、豪族の邸宅が建ち並んでいたといいます。庶民は奈良時代にあっても竪穴式住居で暮らしていたそうですが、都市生活者が初めて出現した時代となりました。 飛鳥、そのことばの響きは穏やかですが、…

佐紀の古墳群。古代が現代に生存していると言ってしまえば大袈裟か。それでも遠い昔の風景がぐっと迫ってくる。

古墳は神聖な場所ゆえ、原生林に似て手つかずの自然が残されました。鳥の鳴き声かまびすしく、のびやかな土盛りの起伏と満々と水をたたえた堀を見ていると古代の景色が胸のうちに広がっていきます。 信仰の強さを思わずにはいられませんが、風にも雨にも聖な…

Copyright(c)2016 Nalacarte.All Rights Reserved.