nalacarte

奈良のアラカルト=ナラカルトは奈良の観察記録です。

奈良公園

東大寺の春/幾種類もの桜で境内一円を荘厳。すこぶる評判のおかっぱしだれ桜は正倉院の前で咲いています。

すでに散ってしまった桜、今こそが満開の桜、これから咲こうとする桜、東大寺にはさまざま種類の桜が咲き誇り、長きにわたって春を楽しませてくれます。なかでも名物のような存在のおかっぱしだれ桜は可憐な蕾もつけて今が盛り。不思議な形をしていますが鹿…

奈良町周縁 桜/満開になってもひっそりと。花の華やぎがいっそう引き立っています。

花見といえば桜ですが、どこに行っても人の多さにうんざりしてしまいます。ところが奈良町の桜となると静かに佇んでいる木をいたるところで観ることができます。そよ風でも吹けばひらひらと花びらが舞い、日の光を受けた透明感のある白さとともにいっそうの…

奈良町 風光る春/木の芽があっという間に伸び広がり、春の花が晴れがましく風に揺れています。

色味の少なかった冬の季節が一気に暖かい色に包まれています。春風が吹くたびに色とりどりの花が咲いていくようです。奈良の特徴的な花と言えば馬酔木(あせび)です。なんでもむしゃむしゃ食べてしまう鹿さえこの馬酔木だけはかじりません。もちろん猪や兎…

奈良町 春にほほえむ/柔らかい風 優しい日差し 梅のふくいくたる香りが漂いはじめました。

日本人は古代の昔から舶来のものをとても愛でていました。まだ独自の豊かな文化を持っていない頃ですから、その頃の先進国である中国の趣味に惹きつけられていました。文学も、絵画も、中国の真似をしていましたから、唐の文人たちが梅を肴に一杯やっている…

奈良公園 早春を歩く/萌えでる春にほど遠くても立春を過ぎれば目に暖かい風景が広がります。

寒々とした冬の枯れた色の間にいつとはなく暖かい色が増えてきました。春霞の中に遠くの連山が浮いているようで景色が柔らかくなりました。春とはいいながら、いまだに北風の冷たい日もありますが、目に映る梅や水仙の花が気持ちを軽くしてくれます。 春寒の…

東大寺から飛火野へ 朝に歩く/夜の気配もほんの少し。古代の人と同じ景色の中にいるような感じがしてきます。

奈良でもっとも贅沢な時間は明け方。とても寒い季節ですが冬だからこそ透きとおった風景が広がります。ほんの短い時間でも心の奥深くまで染みてきます。東の空がうっすら青みを帯びてきて、やがてほんのり赤い色が混じってきます。美しいということばさえ忘…

奈良 鳥と歩く/鳥たちのパフォーマンス、なんとも楽しく。冬ならではの澄みとおった囀り、なんとも心地よく。

奈良公園の周りには原生林。神社仏閣の境内にはこんもりとした森。そして自然林を有するいくつもの古墳群。数え切れないほどのため池と大和川とその支流。豊かな植生が連なります。これはもう鳥たちの天国です。冬の渡り鳥も、夏のツバメたちも、ひっきりな…

鹿 とっておきの隠し芸/いたるところ景観が美しいのは鹿のおかげです、と言いたくなるほどです。

芝を刈り取るように草という草はほとんどを食べ尽くしてしまいます。ときどき奈良町にもやってきて植木鉢の葉っぱも食べてしまいますが・・・。よく見ると地面から2メートル程度がすっかり切り取られています。つまり鹿の届く背伸びの範囲が食べ尽くされて…

東大寺 晩秋/木の葉はひらりひらりと舞いながら音もなく足もとへ。大仏殿、講堂跡、大仏池辺り、多彩な色模様です。

黄金色の銀杏も、朱色と紅のモミジの葉や桜の葉も、宗達の絵の具のたらしこみのよう。それでも奈良でもっとも美しく映えているのはナンキンハゼ。赤や黄の色が幾重にも重なって自然の織りなす微妙な色調が一本の木をバランスよく彩っています。繁殖力も強く…

奈良公園 秋を歩く/物見遊山に黄、赤、深紅の木の葉。濃淡さまざまでうっとり。天高く人も肥えて・・・!

野分の風もおさまり、ぽかぽかとした小春日和の季節になりました。晴天に恵まれ紅葉もいよいよ。色とりどりの枝を差し交わしていて驚嘆するばかり。遠くの山も赤や黄色を折り重ねています。暖かい日が続くせいか、ちらほらと狂い咲きの花を見かけます。これ…

Copyright(c)2016 Nalacarte.All Rights Reserved.