nalacarte

奈良のアラカルト=ナラカルトは奈良の観察記録です。

慈光院

慈光院(2)茶庭の風景/ありきたりの図面を引き裂いてしまったか。小さな茶庭も、天に連なる茶庭も設えてあります。

禅によって茶道は完成しました。禅を会得した者だけが茶の湯の肝心を飲み干すことができると言います。ただ飲むばかりなりという利休のことばがありますが、まさしく禅の世界観です。片桐石州は禅のことばを身につけていたのでしょう。作庭に窮屈な思考があ…

慈光院(1)臨済宗大徳寺派/土木普請奉行として知恩院の修復などを手がけた片桐石州の創建。端正な顔立ちです。

茶人としても名をなした片桐石州。大徳寺の名僧に参禅した大名だけに京都の文化に多大な影響を受けています。大徳寺といえば茶道を抜きにして語ることはできません。小堀遠州とも交流があったようですから、茶の湯の世界にどっぷりとつかっていた姿が想像で…

Copyright(c)2016 Nalacarte.All Rights Reserved.