nalacarte

奈良のアラカルト=ナラカルトは奈良の観察記録です。

東大寺の春/幾種類もの桜で境内一円を荘厳。すこぶる評判のおかっぱしだれ桜は正倉院の前で咲いています。

すでに散ってしまった桜、今こそが満開の桜、これから咲こうとする桜、東大寺にはさまざま種類の桜が咲き誇り、長きにわたって春を楽しませてくれます。なかでも名物のような存在のおかっぱしだれ桜は可憐な蕾もつけて今が盛り。不思議な形をしていますが鹿…

奈良町周縁 桜/満開になってもひっそりと。花の華やぎがいっそう引き立っています。

花見といえば桜ですが、どこに行っても人の多さにうんざりしてしまいます。ところが奈良町の桜となると静かに佇んでいる木をいたるところで観ることができます。そよ風でも吹けばひらひらと花びらが舞い、日の光を受けた透明感のある白さとともにいっそうの…

奈良町 風光る春/木の芽があっという間に伸び広がり、春の花が晴れがましく風に揺れています。

色味の少なかった冬の季節が一気に暖かい色に包まれています。春風が吹くたびに色とりどりの花が咲いていくようです。奈良の特徴的な花と言えば馬酔木(あせび)です。なんでもむしゃむしゃ食べてしまう鹿さえこの馬酔木だけはかじりません。もちろん猪や兎…

山辺の道 春を歩く 2/春の野を渡る風はまだ冷たいといいながらも歩くにはもってこいの季節。暑くもなく寒くもなく。

摘み草の季節となり、桃の節句にかかせない柔らかな桃の赤とヨモギの緑が目に鮮やかです。どちらも女の子のための飾りとおやつにふさわしい。ヨモギの若葉はいたるところで風にそよいでいます。草餅となり小腹を満たしてくれ・・・いやいや、春の歓びに満ち…

山辺の道 春を歩く 1/奈良の古い道となればどこを向いても古代の気配が色濃く残っています。昔日のよすがはいずこにも。

ちょっと見には静かな田園風景ですが、いたるところに大小の古墳があって、その脇を通り過ぎるごとに古代の景勝がしのばれます。小さなものは直径一メートルほど。大きなものになると、なんと言えばいいのか、とにもかくにも巨大です。さまざまな種類の鳥が…

奈良町 春にほほえむ/柔らかい風 優しい日差し 梅のふくいくたる香りが漂いはじめました。

日本人は古代の昔から舶来のものをとても愛でていました。まだ独自の豊かな文化を持っていない頃ですから、その頃の先進国である中国の趣味に惹きつけられていました。文学も、絵画も、中国の真似をしていましたから、唐の文人たちが梅を肴に一杯やっている…

奈良公園 早春を歩く/萌えでる春にほど遠くても立春を過ぎれば目に暖かい風景が広がります。

寒々とした冬の枯れた色の間にいつとはなく暖かい色が増えてきました。春霞の中に遠くの連山が浮いているようで景色が柔らかくなりました。春とはいいながら、いまだに北風の冷たい日もありますが、目に映る梅や水仙の花が気持ちを軽くしてくれます。 春寒の…

春日大社/あちこちに神の依り憑く磐座(いわくら)。石であったり、大木であったり。神の御座所です。

奥の院道を歩いて本宮神社遙拝所を過ぎるあたりから、いろいろなかたちをした磐座に遭遇します。神が降臨するところです。御幣で祀ってあるので遠目にもすぐに分かります。そうか、そこに降りてくるのかとじっと見やれば、そう思えてくるから不思議なもので…

天理 市座神社/平安時代の興福寺の荘園だった丹波庄。のちに石上神宮と内山永久寺の門前町として栄えました。

丹波市町の真ん中に市座神社はあります。その昔、市(マーケット)が立ち大いに賑わっていたようです。市座という名称はそれに由来しています。境内は掃き清められ落ち着いた佇まいを見せています。現在、市場はなくなり街道も閑散としていますが、神社の有…

若草山と原生林/頂上への散策路が原始林で覆われている。木漏れ日が揺れている。古代を歩くよう。

いつ登っても、なんど歩いても、飽きることのない散策路です。人の手が加わっていない森の中を縫うようにして自動車の通らない砂利道が続きます。表の整備された公園の道を歩くことも、はたまた自動車で山頂に向かうこともできますが、原生林の道でこそ自然…

東大寺と桜/裏参道から講堂跡へ。ひっそりとしながら春を咲かせている。遠目にもやわらかく清々しい。

大仏殿の裏手の桜に吉野の山や佐保川にあるような派手さはありません。静かに、柔らかく、佇んでいる。奈良時代までは花といえば中国に影響された梅だったようですが、平安時代になると俄然桜を愛でるようになります。古代から中世へ向かう中で、風景も中国…

鷺池/彼岸の過ぎる頃、南風に誘われて白木蓮と辛夷が咲きはじめました。香りも高く、おおらかに照り映えています。

白木蓮は秋頃から短い毛におおわれた蕾をつけていました。真冬には北風に耐え忍んで来る春を今か今かと待ち望んでいました。お彼岸の早春に南からの暖かい風を受けると白梅や紅梅の脇で一気に大きな花を咲かせます。むせかえるような香りを放ちとても壮観で…

龍王山/左右に古墳の連なる山道。頂上の城跡から望む大和の大地。遙かなる古代に旅するようです。

柳本の崇神天皇陵の脇を抜けて龍王山への道に入ります。思いのほか石がゴロゴロした急な坂もあり、やや難儀。ところが古墳の連なりが目に入ると一気に古代の風景の中へ。柿本人麻呂の奥さんのお墓もどこかにあるはず。往時の貴族達は頬をぬらしながらこの道…

風光る水上池/風にさやぐ木々の若葉と池のさざ波。ちぎれ雲ふわふわと浮かんで辺りは光に満ちています。

太陽の光がさんさんと降りそそぎ、胸のうちまで晴ればれとしてきます。吹き渡る風もすこしばかり温かみを含んでいました。桜のつぼみも膨らみ、いよいよ香りに満ちた春。鴨の遊ぶ池は光の波が照り渡ってまばゆいばかりです。春の胎動です。 鴨が餌をしきりに…

春立つ奈良/寒々とした奈良の台地にもいつともなく夕靄が立ちこめています。おぼろにかすむ春はすぐそこに。

暦の上の立春が過ぎたとはいえ、近頃の気温の低さは尋常ではありません。北から吹きすさぶ風は冷たく、ともすれば粉雪がちらちらと。ほころび始めた梅の花も縮み上がっています。とはいえ、ときどき柔らかな陽光が降り注ぐように射してくるようになりました…

吉野/役行者の桜、金峯山寺の柱、吉野水分神社の格式、西行の草庵、陀羅尼助丸の大蛙。いやはや、いやはや。

吉野といえば役行者。修験道の開祖であり、山伏の始祖であり、山岳信仰のルーツです。その役行者が吉野の山中で金剛蔵王権現を感得し、その姿を桜の木に彫り刻みました。このときから桜は特別の存在となり、ご神木となり、信徒たちによって競って植えられた…

安倍文殊院/快慶の渡海文殊群像。特別史跡の西古墳。創造することのなんたるかを学ぶ。

奈良博物館の快慶展では巨大な写真でしか拝見できない渡海文殊群像。じっさいに拝見するには安倍文殊院まで出向くしかありません。 快慶の天才ぶりがほとばしっていました。鎌倉時代に東大寺が再建される前の造立です。渡海文殊の清然とした顔つき、善財童子…

唐招提寺/律する。鑑真はこの一言のために東の小さな国に渡ってきた。筆舌に尽くせぬ苦難。ついには盲目となる。

整然と天平の伽藍が並んでいます。ことさらになにかを主張するわけでもなく、とりたててなにかを押しつけることもない。にもかかわらず、どこか凛としています。律するとはこういうことかと感服の至りです。 金堂におわす三体の仏像は穏やかな表情を見せなが…

林神社/饅頭のルーツがここに。奈良が饅頭発祥の地であったとは驚きでした。

700年近く前のこと。中国の青年が修行を終えた日本の僧についてやってきました。身の回りを世話していたその男の名は林淨因。ややあって饅頭を作りはじめました。評判が立ち、いちやく名が知れわたったそうです。林神社の由縁がここにあります。 往時の寺…

海龍王寺/堂内に五重塔のひながたが鎮座する。まるごとの天平の遺構。創建当時からここを動かないでいる。

天平という時代、仏像ばかりではなく、建築文化も爛熟していました。西金堂に据え置かれている模型の五重塔。天平時代からのもので、細部にわたって知恵と熱情を傾けた痕跡があります。 堂内を見わたせば、西金堂そのものも天平の構造様式を見せてくれます。…

奈良公園の桜/とくとご覧あれ。ちらほらと花やかにあちこちにひらひらと。

奈良の桜といえば真っ先に吉野を思い浮かべるかも知れませんが、どっこい、奈良公園もなかなかのものです。派手さよりも艶やかさ。量感よりも質感。寺院の門前や池の端の桜はうっとりとした表情を見せています。 ならまちから奈良公園へ。その道すがら、途切…

新薬師寺/修二会  尾を引いて猛る炎やお松明

歴史的に東大寺と深い関わりがある新薬師寺ですが、お水取りの修二会とはおもむきが違っていました。僧侶や童子の顔つきまではっきりと分かる距離にあって薬師悔過法要は営まれます。 夕闇迫る頃、声明が聞こえてきます。読経が音楽のようです。 インドが発…

稗田環濠集落/群雄割拠の戦国時代がタイムスリップしている。意表を突く存在。痛快なほどです。

大和郡山の東。長閑な田園地帯に大きな環濠を巡らした集落があります。土壁や石垣の代わりに濠を用いて外敵の攻撃から集落を守ったのです。灌漑用水としての働きもあったようです。水面に映る空はすがすがしいものですが、激しく争いあった人間の愚かさも湛…

春日大社と原生林/山ぼめという古代信仰。神々は木々に隠れるようにして鎮座している。

万葉集の和歌には「清」という文字がさかんに使われています。穢れのない「清」のある山は特別の存在でした。清き山をほめることにより、あらたな生命力を与えてもらうのです。 その昔、山はたんなる自然ではなく、信仰と深く結びつき呪力をつけるにふさわし…

郡山城跡/秀吉、弟の秀長になにを急がせたのか。地蔵や墓石が石垣石になっている。

天守台を支えた石積みが天を仰ぐ。めくるめくような空の大きさ。郡山城跡は奈良にあって大内裏や古墳にも負けない威容を誇っています。にもかかわらず石積みは滑稽でもあり、切実でもあるのです。平城宮羅城門や西大寺七重塔の礎石まで使われています。寺の…

暗峠(くらがりとうげ)/最後の旅となった芭蕉の足跡を追って

南北に細長くのびる生駒山の真ん中あたりの低いところが暗峠。奈良と大阪を結ぶ山越えの近道が走っています。 大阪へ向かう道すがら伸びやかな棚田が広がります。ところどころ風雨に洗われて少しのっぺりしてしまった地蔵が迎えてくれます。元禄時代からなに…

岩船寺/隅鬼棲む山寺 木もれ日と蕾と鳥のさえずりと

中世、南都(奈良)は乱れがちだったといいます。 秩序の崩れた都市を嫌って山に籠もる僧が出てくるのは自然なこと。 清浄な修行の場を必要としていたのです。 岩船寺の起点もそこから。 どうりで町のなかにある寺院とは風姿が違っています。 山の精霊が守っ…

浄瑠璃寺〜岩船寺/石仏 人々の願いそのまま石仏

仏像といえば仏師が作るものと考えがちです。 運慶や快慶の残した仏像は文字通りこの国の宝です。 しかしそれらばかりが仏像ではありません。 円空は僧侶としてじつに多くの仏像を彫りました。 大工や農民の彫った地蔵も山中にひっそりと立っています。 考え…

浄瑠璃寺/陽春 春の花咲きほこりたる浄土かな

1000年前の平安時代は末法に入った時代。 釈尊の教えもゆらぎ、争いごとが絶えなくなると広く喧伝されました。 そんなときに浄瑠璃寺は創建。 僧侶の戒律を厳しく修めて不遜な時代に対峙しました。 浄瑠璃とは澄みきった世界のことだそうです。 浄瑠璃寺…

11 東大寺 二月堂 お水取り/満行

終わりを全うして練行衆は結束をとかれます。 それぞれの顔にやり遂げた者だけが見せる逞しい境地を浮かべています。 鋭い目つきのなかに優しさがにじんでいます。 練行衆のからだから立ち上る気は天を衝くかのよう。 自坊に去りゆく練行衆は足を一つ運ぶご…

Copyright(c)2016 Nalacarte.All Rights Reserved.