nalacarte

奈良のアラカルト=ナラカルトは奈良の観察記録です。

斑鳩に古代の風景を見にいく。あっけらかんとして、小さなことにこだわらない風が吹いている。

斑鳩法隆寺を中心にして田園が広がっています。どこも平らで、空がやたらに大きく、古代の風景とはこんなことなんだろうなと思わせてくれます。さっぱりと抜けているさまは現代が忘れてしまった景色です。

f:id:nalacarte:20161028143315j:plain

f:id:nalacarte:20161028143509j:plain

どこを見渡しても作為的なものがほとんどありません。きらきらと飾り立てる現代とは正反対の世界とでも言いましょうか。特別なものはないのに、とても満ち足りています。

f:id:nalacarte:20161028143629j:plain

f:id:nalacarte:20161028143722j:plain

仏教とはなにか。法隆寺の大きな主題でした。この国に仏教が深く浸透すると万葉の歌も味わい深いものになっていきました。きっと心を動かすことがあったのでしょう。

f:id:nalacarte:20161028143905j:plain

f:id:nalacarte:20161028144008j:plain

昔からある風景のはずなのに、初めての場所ではないのに、なぜか新鮮な感じを抱きました。

f:id:nalacarte:20161028144102j:plain

f:id:nalacarte:20161028144218j:plain

f:id:nalacarte:20161028144302j:plain

f:id:nalacarte:20161028144342j:plain

Copyright(c)2016 Nalacarte.All Rights Reserved.