nalacarte

奈良のアラカルト=ナラカルトは奈良の観察記録です。

飛火野の初日の出。冷やっとしているものの、神々しい。古代と同じ光を射しただろうか。

f:id:nalacarte:20170102104501j:plain

神が降臨するという御蓋山。凍てつく東の空から白くて冷たい光を射してきます。神奈備(かんなび)の辺りだからでしょうか、空の色は赤みを帯びたり、青みがかったり。

f:id:nalacarte:20170102104544j:plain

f:id:nalacarte:20170102104635j:plain

f:id:nalacarte:20170102104709j:plain

f:id:nalacarte:20170102104805j:plain

なぜか鹿たちもそわそわしていました。終いにはなにかを感じたらしく、いっせいに小躍りするように走り出しました。特別の朝の、まれにみる光景でした。

f:id:nalacarte:20170102104843j:plain

f:id:nalacarte:20170102104924j:plain

f:id:nalacarte:20170102105017j:plain

太陽が顔をのぞかせる直前のこと、東の空はあっというまに真っ白くなりました。不思議なことに、西の大地は赤く染まっていました。洗われたような気持ちになる瞬間です。新しい一年が始まりました。

f:id:nalacarte:20170102105046j:plain

f:id:nalacarte:20170102105125j:plain

Copyright(c)2016 Nalacarte.All Rights Reserved.