nalacarte

奈良のアラカルト=ナラカルトは奈良の観察記録です。

浄瑠璃寺〜岩船寺/石仏 人々の願いそのまま石仏

仏像といえば仏師が作るものと考えがちです。

運慶や快慶の残した仏像は文字通りこの国の宝です。

しかしそれらばかりが仏像ではありません。

円空は僧侶としてじつに多くの仏像を彫りました。

大工や農民の彫った地蔵も山中にひっそりと立っています。

考えてみれば上手い下手は関係ない。

すべては信仰のためなのです。

 

浄瑠璃寺の山門を出ると緩やかな山道にそって石仏が散在しています。

岩船寺までの道のりを飽きさせないほど。

しかも春日山の原生林に散見できる仏像と違って、どのお顔も穏やか。

厳しさよりも、優しさがふわっと伝わってきます。

 

全体が斜めに傾いていたり、顔立ちがゆがんでいたり。

とはいえ、ちっともおかしくなんかありません。

それどころかぐいぐいと引きつけられていきます。

ものを作る原点というとなにやら大層な話になってしまいますが、

それでもそんなことをつい考えさせられてしまいます。

f:id:nalacarte:20170316132432j:plain

f:id:nalacarte:20170316132554j:plain

f:id:nalacarte:20170316132650j:plain

f:id:nalacarte:20170316132743j:plain

f:id:nalacarte:20170316132842j:plain

f:id:nalacarte:20170316132948j:plain

f:id:nalacarte:20170316133047j:plain

f:id:nalacarte:20170316133145j:plain

f:id:nalacarte:20170316133234j:plain

f:id:nalacarte:20170316133333j:plain

f:id:nalacarte:20170316133424j:plain

f:id:nalacarte:20170316133508j:plain

 

<この地は行政区域でいえば京都ですが、地勢的にも、文化的にも奈良といって差し支えないでしょう。東大寺春日山のつい目と鼻の先に浄瑠璃寺岩船寺はあります>

Copyright(c)2016 Nalacarte.All Rights Reserved.