nalacarte

奈良のアラカルト=ナラカルトは奈良の観察記録です。

林神社/饅頭のルーツがここに。奈良が饅頭発祥の地であったとは驚きでした。

f:id:nalacarte:20170418180326j:plain

700年近く前のこと。中国の青年が修行を終えた日本の僧についてやってきました。身の回りを世話していたその男の名は林淨因。ややあって饅頭を作りはじめました。評判が立ち、いちやく名が知れわたったそうです。林神社の由縁がここにあります。

往時の寺院ではサロンのような集まりがあったそうですが、仏教の場であるがゆえに肉まんのようなものは御法度でした。そこで林さん、肉の代わりに甘く煮た小豆、つまり餡をつかうアイデアを思い立ちました。

f:id:nalacarte:20170418180426j:plain

f:id:nalacarte:20170418180514j:plain

f:id:nalacarte:20170418180615j:plain

f:id:nalacarte:20170418180702j:plain

f:id:nalacarte:20170418180759j:plain

f:id:nalacarte:20170418180856j:plain

誰しもがそのおいしさに驚愕。噂はまたたく間に広がり、ついには天皇へ献上することに。膝を打った天皇は褒美に独身の林さんにお嫁さんを下賜されたとか。喜びいさんだ林さん、紅白の饅頭を作ってみんなに配りました。これもまた初めてのこと。その紅白饅頭、記念に石の下に埋めたそうです。林神社にある饅頭塚といわれるものがそれです。

f:id:nalacarte:20170418181020j:plain

f:id:nalacarte:20170418181133j:plain

f:id:nalacarte:20170418181219j:plain

 

Copyright(c)2016 Nalacarte.All Rights Reserved.