読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nalacarte

奈良のアラカルト=ナラカルトは奈良の観察記録です。

安倍文殊院/快慶の渡海文殊群像。特別史跡の西古墳。創造することのなんたるかを学ぶ。

奈良博物館の快慶展では巨大な写真でしか拝見できない渡海文殊群像。じっさいに拝見するには安倍文殊院まで出向くしかありません。

f:id:nalacarte:20170425131534j:plain

快慶の天才ぶりがほとばしっていました。鎌倉時代東大寺が再建される前の造立です。渡海文殊の清然とした顔つき、善財童子のすこし滑稽な佇まい、台座となっている獅子の表情など瞠目に値するものです。

いまは現代的な本堂におわします。いろいろな解釈があるのは仕方ないとしても、できれば昔ながらの本堂で拝見したかった。

f:id:nalacarte:20170425131607j:plain

f:id:nalacarte:20170425131649j:plain

本堂の脇に西古墳があります。安倍仲麻呂安倍晴明の祖先である墓と推定されています。築造技術の見事さ、石の様の美しさ。はじめは現代の技術で造り直したものだと勘違いしたほどでした。天井席は一枚岩で奥行5メートル幅3メートルの大きさ。しかも中央を削ってアーチ形にしています。こんなこと現代でも難工事になるはず。ただ喫驚するばかりです。

f:id:nalacarte:20170425131718j:plain

f:id:nalacarte:20170425131755j:plain

f:id:nalacarte:20170425131826j:plain

f:id:nalacarte:20170425131854j:plain

陰陽師安倍晴明が天文観測した展望台からは二上山耳成山が眼下に見えます。平安の都はここで培われた占いの技術によって造成されたのかも知れません。葛城山大和三山の1000年前と同じ風景には感慨深いものがあります。

f:id:nalacarte:20170425131933j:plain

f:id:nalacarte:20170425132004j:plain

f:id:nalacarte:20170425132028j:plain

f:id:nalacarte:20170425132051j:plain

f:id:nalacarte:20170425132114j:plain

f:id:nalacarte:20170425132137j:plain

Copyright(c)2016 Nalacarte.All Rights Reserved.