nalacarte

奈良のアラカルト=ナラカルトは奈良の観察記録です。

宇陀松山(1)/そぞろ歩いてみれば、まるでキリコの絵の世界。謎めいた静寂感がありました。

f:id:nalacarte:20170513105604j:plain

宇陀松山の旧市街に降り立ったそのとき、中枢神経系のなにかが機能しなくなってしまいました。すさまじく青い空と、乾ききった空気。目の前にはまさしくキリコの絵画と思われる世界が広がりあらわれていました。現実のはずなのに、現実と感じられない奇妙さがありました。不可思議な形而上の世界が広がっているのです。

f:id:nalacarte:20170513105643j:plain

f:id:nalacarte:20170513105719j:plain

f:id:nalacarte:20170513105755j:plain

ジョルジュ・デ・キリコ。彼の描いた絵は形而上絵画とも呼ばれ、シュルレアリスムを誕生させる契機となりました。強い印象の残る絵画ですが、今このときの宇陀松山の町は、キリコの絵の前に立った時と同じ感触を抱かせました。ひょっとすると無駄なものをそぎ落とした町の造りがそう思わせるのかもしれません。

f:id:nalacarte:20170513105842j:plain

f:id:nalacarte:20170513105914j:plain

f:id:nalacarte:20170513105939j:plain

往時には万葉びとが行き交いました。戦国時代になると織田信長がこの地域を押さえました。動乱が収束すると徳川幕府天領としました。いかに要衝であったことか。背後に吉野を控えた伊勢街道の町。吉野葛の製造や酒造りがさかんに行われていたそうです。どうりで立派な町屋が並んでいます。昔ながらの高尚な精神がひっそりと息づいているようでした。

f:id:nalacarte:20170513110028j:plain

f:id:nalacarte:20170513110058j:plain

f:id:nalacarte:20170513110124j:plain

f:id:nalacarte:20170513110151j:plain

Copyright(c)2016 Nalacarte.All Rights Reserved.