nalacarte

奈良のアラカルト=ナラカルトは奈良の観察記録です。

佐紀 磐之媛命陵/モネの睡蓮とまがうばかりの風景。濠に幻想が満ちています。

f:id:nalacarte:20170624155540j:plain

印象派の巨匠クロード・モネは、自邸の池に浮かぶ睡蓮の花をこよなく愛しました。庭そのものが最高傑作であると自負するほど花の池と水の池にぞっこん惚れていました。そして睡蓮をモチーフにして多彩に描いてみせました。浮世絵をこよなく愛したモネは、色彩ばかりか構図にも日本的な筆づかいを持ち込みました。いくつもの名作が誕生しました。

佐紀の磐之媛命陵の濠にモネの愛した池が描かれていました。睡蓮の葉がぎっしりと浮かび、白やピンクの花を咲かせています。ことばもなく、ただただ見つめるばかり。

ジヴェルニーの庭が現れたのです。

f:id:nalacarte:20170624155611j:plain

f:id:nalacarte:20170624155636j:plain

f:id:nalacarte:20170624155704j:plain

f:id:nalacarte:20170624155730j:plain

f:id:nalacarte:20170624155800j:plain

f:id:nalacarte:20170624155830j:plain

f:id:nalacarte:20170624155857j:plain

Copyright(c)2016 Nalacarte.All Rights Reserved.