nalacarte

奈良のアラカルト=ナラカルトは奈良の観察記録です。

法隆寺/夢殿 斑鳩宮に住んだ聖徳太子。ここは難波と飛鳥のまんなか。軍事と交通の要衝でした。

f:id:nalacarte:20170709095722j:plain

聖徳太子仏教に熱心であったことは誰しもが認めるところです。蘇我馬子とともに政治の混乱を収拾していきましたが、理念のなかに仏教の教えが取り込まれていました。四天王寺をはじめとする数々の寺院を建立したのもその現れでしょう。そのとき、この国の命運が決まったのかもしれません。

f:id:nalacarte:20170709095754j:plain

f:id:nalacarte:20170709095824j:plain

f:id:nalacarte:20170709095853j:plain

f:id:nalacarte:20170709095934j:plain

聖徳太子の死後、斑鳩宮は荒廃したようです。見るに見かねた僧の行信が跡地に伽藍を創建しました。およそ100年後のことです。夢殿の誕生です。なにはともあれ仏教があったればこその造営でした。廻廊から眺めていると、ここに生活を営んでいた厩戸皇子が不意に現れてくるようです。

f:id:nalacarte:20170709100008j:plain

f:id:nalacarte:20170709100038j:plain

f:id:nalacarte:20170709100105j:plain

f:id:nalacarte:20170709100139j:plain

1300年前の空気にそのまま取り囲まれているような気分になります。信貴山が変わらぬ姿で見守っていました。

f:id:nalacarte:20170709100212j:plain

f:id:nalacarte:20170709100242j:plain

Copyright(c)2016 Nalacarte.All Rights Reserved.