nalacarte

奈良のアラカルト=ナラカルトは奈良の観察記録です。

秋篠寺/奈良の苔寺。日常をすこし離れて苔青し。往時の大寺院もいまはひっそりしています。

f:id:nalacarte:20170919095047j:plain

f:id:nalacarte:20170919095119j:plain

西大寺の北に秋篠寺はあります。昔日には寺領を争った間柄というほどですから、いかに大きな寺院であったのかわかります。奈良の多くの寺がそうであるように、歴史のうねりに翻弄され、秋篠寺も火災によって規模を縮小せざるを得ませんでした。金堂や東西の塔の礎石が残るばかりです。姿を大きく変えてしまいましたが鎌倉時代に再建された本堂は端正にして涼やかです。

f:id:nalacarte:20170919095208j:plain

f:id:nalacarte:20170919095237j:plain

f:id:nalacarte:20170919095312j:plain

f:id:nalacarte:20170919095343j:plain

f:id:nalacarte:20170919095413j:plain

禍を転じて福となす。いまでは境内の大部を苔がおおい、雨に洗われたようで、緑あざやかなビロードが敷かれているようでした。柔らかで、なめらかで、ふわっとしている。質朴を旨とする寺院にあって、しっとりした苔があつらえ向きにできあがっているのです。虚飾のないさまにしばし立ちつくします。

f:id:nalacarte:20170919095445j:plain

f:id:nalacarte:20170919095520j:plain

f:id:nalacarte:20170919095554j:plain

f:id:nalacarte:20170919095628j:plain

f:id:nalacarte:20170919095657j:plain

Copyright(c)2016 Nalacarte.All Rights Reserved.