nalacarte

奈良のアラカルト=ナラカルトは奈良の観察記録です。

冬の興福寺/吹きすさぶ寒風に五重塔はどこ吹く風。古代と変わらぬ姿を見ていると歴史の中を散策している気分です。

f:id:nalacarte:20180123165633j:plain

興福寺は藤原家の菩提寺でした。古代のあるとき、藤原家は奈良の台地のほとんどすべてを我が物にしていました。その領地から納められる上納金の莫大さは想像に難くありません。いまもってこうして我らの目の前に権威がそびえ立っている。1300年前の出来事だったとはちょっと信じがたいスケールです。

f:id:nalacarte:20180123165706j:plain

f:id:nalacarte:20180123165734j:plain

f:id:nalacarte:20180123165838j:plain

f:id:nalacarte:20180123165913j:plain

北円堂に納められている世親と無著の像は運慶の工房によるものですが、世界の五本の指に入る彫刻と言っても大袈裟には聞こえません。それだけのものが興福寺にあるというだけで歴史的な存在の大きさが伝わってきます。冬であるというのになにやら熱くなってきます。

f:id:nalacarte:20180123165940j:plain

f:id:nalacarte:20180123170059j:plain

f:id:nalacarte:20180123170129j:plain

f:id:nalacarte:20180123170158j:plain

f:id:nalacarte:20180123170226j:plain

Copyright(c)2016 Nalacarte.All Rights Reserved.