nalacarte

奈良のアラカルト=ナラカルトは奈良の観察記録です。

元興寺/火渡り 二月三日の節分の日。厄を祓う儀式が豆まきに先立って執り行われました。

f:id:nalacarte:20180204082829j:plain

鬼は外、福は内。節分の決まり文句が聞こえてくると、寒さに縮こまりながらも、もうすぐ春だなぁと少しばかり口元もほころび柔らかな気持ちに包まれます。ところがなぜか元興寺では豆まきに先立ち、勇猛果敢な衣装を身にまとった山伏達が登場し火渡りの儀式を執り行いました。まだ火の残る木の上を歩くと厄が祓われるとか!どうぞストッキングは危険ですから脱いでくださいと大きな声でアナウンスがありました。いかにも、おっしゃるとおり!

f:id:nalacarte:20180204082859j:plain

f:id:nalacarte:20180204082927j:plain

f:id:nalacarte:20180204164408j:plain

f:id:nalacarte:20180204082958j:plain

f:id:nalacarte:20180204083028j:plain

猛々しい煙が境内にたなびいて、なにやらただならぬ様子。劇的演出効果はこうでなくちゃと思わせる勢いがありました。節分との関係がよく分かりませんでしたが、お祭りです、このさい堅いことは抜きにして招福の行事を堪能すべきでしょう。この日、信心深い家では鰯の頭を柊の枝に刺したものを玄関にしつらえます。これで悪疫退散!というわけです。

f:id:nalacarte:20180204083057j:plain

f:id:nalacarte:20180204083125j:plain

f:id:nalacarte:20180204164604j:plain

f:id:nalacarte:20180204083219j:plain

f:id:nalacarte:20180204083246j:plain

f:id:nalacarte:20180206162243j:plain

Copyright(c)2016 Nalacarte.All Rights Reserved.