nalacarte

奈良のアラカルト=ナラカルトは奈良の観察記録です。

龍王山/左右に古墳の連なる山道。頂上の城跡から望む大和の大地。遙かなる古代に旅するようです。

f:id:nalacarte:20180318113316j:plain

柳本の崇神天皇陵の脇を抜けて龍王山への道に入ります。思いのほか石がゴロゴロした急な坂もあり、やや難儀。ところが古墳の連なりが目に入ると一気に古代の風景の中へ。柿本人麻呂の奥さんのお墓もどこかにあるはず。往時の貴族達は頬をぬらしながらこの道を歩いたことでしょう。聞きしに勝る光景が広がっていました。

f:id:nalacarte:20180318113416j:plain

f:id:nalacarte:20180318113442j:plain

f:id:nalacarte:20180318113508j:plain

f:id:nalacarte:20180318113540j:plain

f:id:nalacarte:20180318113606j:plain

約4キロの道のりで標高586メートルの頂上へ。奈良の台地が一望できます。まさに絶景。大和といわれたこの国のはじまりの地です。奈良時代条坊制の跡もくっきり。青垣山系で最も高い龍王山から望める記紀・万葉の風景です。北の生駒山から南の天香具山まで見え、二上山の少し北側には明石海峡大橋がうっすらと浮かび上がっていました。大阪湾の向こうに横たわっている台地は淡路島です。なんとも、いやはや!

f:id:nalacarte:20180318113650j:plain

f:id:nalacarte:20180318113714j:plain

f:id:nalacarte:20180318113740j:plain

f:id:nalacarte:20180318113816j:plain

f:id:nalacarte:20180318113908j:plain

Copyright(c)2016 Nalacarte.All Rights Reserved.