nalacarte

奈良のアラカルト=ナラカルトは奈良の観察記録です。

東大寺と桜/裏参道から講堂跡へ。ひっそりとしながら春を咲かせている。遠目にもやわらかく清々しい。

f:id:nalacarte:20180402101947j:plain

大仏殿の裏手の桜に吉野の山や佐保川にあるような派手さはありません。静かに、柔らかく、佇んでいる。奈良時代までは花といえば中国に影響された梅だったようですが、平安時代になると俄然桜を愛でるようになります。古代から中世へ向かう中で、風景も中国文化から日本文化に彩られていく。そんなことを思い起こさせる景色がゆるりと連なっています。

f:id:nalacarte:20180402102053j:plain

f:id:nalacarte:20180402102120j:plain

f:id:nalacarte:20180402102155j:plain

f:id:nalacarte:20180402102231j:plain

f:id:nalacarte:20180402102256j:plain

「願わくは花のもとにて春死なむ そのきさらぎの望月の頃」と西行は詠みました。はて、どんな桜だったのか。歌人のこころを狂わせるばかりの花。ひょっとすると、ここに咲くような静かな桜だったのではないかとの思いがよぎります。

f:id:nalacarte:20180402102421j:plain

f:id:nalacarte:20180402102504j:plain

f:id:nalacarte:20180402102532j:plain

f:id:nalacarte:20180402102558j:plain

f:id:nalacarte:20180402102626j:plain

Copyright(c)2016 Nalacarte.All Rights Reserved.