nalacarte

奈良のアラカルト=ナラカルトは奈良の観察記録です。

若草山と原生林/頂上への散策路が原始林で覆われている。木漏れ日が揺れている。古代を歩くよう。

f:id:nalacarte:20180325111446j:plain

いつ登っても、なんど歩いても、飽きることのない散策路です。人の手が加わっていない森の中を縫うようにして自動車の通らない砂利道が続きます。表の整備された公園の道を歩くことも、はたまた自動車で山頂に向かうこともできますが、原生林の道でこそ自然の醍醐味を味わうことができます。聴きなれない小鳥たちの鳴き声に接しながら、清らかな川の水音を耳にしながら、時折頬をなでていくそよ風に吹かれながら歩く。とても市街地に隣接しているとは思えない風景が広がっています。

f:id:nalacarte:20180325111515j:plain

f:id:nalacarte:20180325111542j:plain

f:id:nalacarte:20180325111612j:plain

f:id:nalacarte:20180325111648j:plain

f:id:nalacarte:20180325111716j:plain

のんびりと歩いても1時間とすこしで頂上へ。ぱっと視界が開けて眼下の古代の台地と山並みが飛び込んできます。山頂は前方後円墳の鶯塚です。春の風はまだ冷たく長居はできませんがまぶたに焼き付いた光景が強く残ります。思いもかけず心が洗われている。なんとも奈良らしい。

f:id:nalacarte:20180325111745j:plain

f:id:nalacarte:20180325111812j:plain

f:id:nalacarte:20180325111837j:plain

f:id:nalacarte:20180325111903j:plain

f:id:nalacarte:20180325111932j:plain

Copyright(c)2016 Nalacarte.All Rights Reserved.