nalacarte

奈良のアラカルト=ナラカルトは奈良の観察記録です。

天理 市座神社/平安時代の興福寺の荘園だった丹波庄。のちに石上神宮と内山永久寺の門前町として栄えました。

f:id:nalacarte:20180416100535j:plain

丹波市町の真ん中に市座神社はあります。その昔、市(マーケット)が立ち大いに賑わっていたようです。市座という名称はそれに由来しています。境内は掃き清められ落ち着いた佇まいを見せています。現在、市場はなくなり街道も閑散としていますが、神社の有りようから往時の豊かさを実感することができます。

f:id:nalacarte:20180416100607j:plain

f:id:nalacarte:20180416100634j:plain

f:id:nalacarte:20180416100710j:plain

f:id:nalacarte:20180416100756j:plain

f:id:nalacarte:20180416100830j:plain

f:id:nalacarte:20180416100903j:plain

明治のこと、鉄道の駅は丹波市町に置かれる予定だったそうですが、なぜか地元の反対にあってしまい、仕方なしに丹波市町の北の外れに駅をずらしたと言うことです。それが現在の天理駅です。その結果、宿場の繁栄はあれよあれよという間に陰りをみせ、市場の賑わいも次第に失われてしまいました。

戦後すぐに建てられた市場の陽屋根が道路に残っています。木製のアーケードです。モニュメントになっていました。

f:id:nalacarte:20180416100944j:plain

f:id:nalacarte:20180416101011j:plain

f:id:nalacarte:20180416101041j:plain

f:id:nalacarte:20180416101109j:plain

Copyright(c)2016 Nalacarte.All Rights Reserved.