nalacarte

奈良のアラカルト=ナラカルトは奈良の観察記録です。

奈良町と周縁/降りみ降らずみの梅雨の散歩。木々を渡ってくる風はしっとりとして鈍い光さえ風景に和しています。

f:id:nalacarte:20180623101755j:plain

奈良町には1300年前の道が東西南北に走っています。細く、くねくねと、上がったり下がったり。まっすぐに見えるところでも凝視してみれば左へ右へと微妙にぶれています。なんともいえない味わいがあって趣深い。今どきこんな所ちょっとない。ああ、きっと重源も空海もここを歩いていたんだなぁと感慨深く歩いてしまいます。

f:id:nalacarte:20180623101834j:plain

f:id:nalacarte:20180623101903j:plain

f:id:nalacarte:20180623101941j:plain

f:id:nalacarte:20180623102018j:plain

f:id:nalacarte:20180623102046j:plain

f:id:nalacarte:20180623102130j:plain

奈良町の北の端にある猿沢池興福寺辺りから、山のへりを歩くように東大寺にまわり、さらに時計回りに南へ下りてくると春日大社と広々とした飛火野があり、さらにその先に歩を進めれば片岡梅林や荒池を擁する公園があります。ゆっくり歩いて1時間ちょっとのコース。あちこちに歴史的な遺産が散見されます。飛鳥も、天平も、鎌倉も、江戸もぎゅっと詰まっている。休みの日など、うっかりしていると半日近い散歩になってしまいます。

f:id:nalacarte:20180623102208j:plain

f:id:nalacarte:20180623102244j:plain

f:id:nalacarte:20180623102304j:plain

f:id:nalacarte:20180623102331j:plain

f:id:nalacarte:20180623102355j:plain

f:id:nalacarte:20180623102421j:plain

Copyright(c)2016 Nalacarte.All Rights Reserved.