nalacarte

奈良のアラカルト=ナラカルトは奈良の観察記録です。

東大寺 元旦/東の空が白み始める頃。大仏殿の輪郭が浮かび上がり、金色の鴟尾がひときわ輝きを増します。めでたし、めでたし。

f:id:nalacarte:20190101141127j:plain

いまから約千年さかのぼること、平家によって大仏殿は無残にも火を放たれてしまいました。大仏さまも焼けただれ長い間風雨にさらされていました。江戸時代にようやくと再建されますが規模はぐっと小さくなり三分の二まで縮小されてしまいます。それでもこの偉大さ。往時はどれほどの威容を誇ったのかと感慨にひたることしきり。古代の大きさがしのばれます。

f:id:nalacarte:20190101141203j:plain

f:id:nalacarte:20190101141234j:plain

f:id:nalacarte:20190101141304j:plain

f:id:nalacarte:20190101141339j:plain

f:id:nalacarte:20190101141415j:plain
紆余曲折あったものの、古代からの名僧たちにとって東大寺は特別の存在でした。仏教の寺院というよりも、さまざまなことを学ぶ現代の大学のような存在でした。この国をどうすべきなのか、人びとの幸せとはどうあるべきなのか、などと仏教の教義を中心に添えて思念をこらす場でした。いやはや、いやはや。合掌。

f:id:nalacarte:20190101141450j:plain

f:id:nalacarte:20190101141521j:plain

f:id:nalacarte:20190101141546j:plain

f:id:nalacarte:20190101141619j:plain

f:id:nalacarte:20190101141647j:plain

f:id:nalacarte:20190101141715j:plain

Copyright(c)2016 Nalacarte.All Rights Reserved.