nalacarte

奈良のアラカルト=ナラカルトは奈良の観察記録です。

奈良町 松の内/門前に掛かる正月の松飾り。きりりとして清々しく。鹿の鳴き声も新春を言祝いでいるようです。

f:id:nalacarte:20190110162027j:plain

東大寺春日大社には引きも切らず押し寄せてくる参拝客でごった返していましたが、そんなときでも奈良町はひっそりとしていて昔ながらの家族中心の正月があるようでした。ふだんの観光客はどこへやら。ここに暮らす住人たちが自分たちの町を取り戻し落ち着きを見せていました。

f:id:nalacarte:20190110162107j:plain

f:id:nalacarte:20190111100358j:plain

f:id:nalacarte:20190111100428j:plain

f:id:nalacarte:20190111055511j:plain

f:id:nalacarte:20190110162411j:plain

三が日が過ぎれば徐々にいつもの賑わいが戻ってきますがそれでも松の内はどこか乙に澄ました顔つきです。そこがなんとも言えない。1500年近く、寺院や神社と共に生きてきた町です。合掌する人も、煎餅をねだる鹿も、静けさの中に溶け込んでいます。

f:id:nalacarte:20190111100627j:plain

f:id:nalacarte:20190110162439j:plain

f:id:nalacarte:20190110162504j:plain

f:id:nalacarte:20190110162524j:plain

f:id:nalacarte:20190111100723j:plain



 

Copyright(c)2016 Nalacarte.All Rights Reserved.