nalacarte

奈良のアラカルト=ナラカルトは奈良の観察記録です。

奈良公園 早春を歩く/萌えでる春にほど遠くても立春を過ぎれば目に暖かい風景が広がります。

f:id:nalacarte:20190215171512j:plain

寒々とした冬の枯れた色の間にいつとはなく暖かい色が増えてきました。春霞の中に遠くの連山が浮いているようで景色が柔らかくなりました。春とはいいながら、いまだに北風の冷たい日もありますが、目に映る梅や水仙の花が気持ちを軽くしてくれます。

f:id:nalacarte:20190215170322j:plain

f:id:nalacarte:20190215170427j:plain

f:id:nalacarte:20190215170458j:plain

f:id:nalacarte:20190215170534j:plain

f:id:nalacarte:20190215170602j:plain

春寒の季節。ときおり白いものがちらほらと舞い降りてくると、ほころび始めた花々のつぼみが縮み上がっています。それもまた早春の味わい。ともすればしっかり着込んでいないと寒くて仕方がありませんが、待ち遠しく思う春もまた乙なものです。三寒四温。ときどき春めいた日差しが胸の奥まで射してくるようです。

f:id:nalacarte:20190215170632j:plain

f:id:nalacarte:20190215170701j:plain

f:id:nalacarte:20190215170732j:plain

f:id:nalacarte:20190215170802j:plain

f:id:nalacarte:20190215170208j:plain





 

Copyright(c)2016 Nalacarte.All Rights Reserved.