nalacarte

奈良のアラカルト=ナラカルトは奈良の観察記録です。

奈良町 春にほほえむ/柔らかい風 優しい日差し 梅のふくいくたる香りが漂いはじめました。

f:id:nalacarte:20190224161827j:plain

日本人は古代の昔から舶来のものをとても愛でていました。まだ独自の豊かな文化を持っていない頃ですから、その頃の先進国である中国の趣味に惹きつけられていました。文学も、絵画も、中国の真似をしていましたから、唐の文人たちが梅を肴に一杯やっているスタイルもそのまま輸入したようです。

f:id:nalacarte:20190225163933j:plain

f:id:nalacarte:20190224161923j:plain

f:id:nalacarte:20190225164018j:plain

f:id:nalacarte:20190224162036j:plain

f:id:nalacarte:20190224162116j:plain
現代の日本で春の花と言えば桜ですが、古代はなによりも梅の香りを楽しむことがお洒落とされていました。その名残でしょうか、奈良のあちこちに梅の花が植えられています。鷺池と飛火野の間に片岡の梅林があります。香りもさることながら、見た目の美しさも何をか言わんや!さまざまな形と色があって早春を賑やかにを楽しませてくれます。

f:id:nalacarte:20190225164121j:plain

f:id:nalacarte:20190225164225j:plain

f:id:nalacarte:20190225164151j:plain

f:id:nalacarte:20190225164253j:plain

f:id:nalacarte:20190225164323j:plain





 

Copyright(c)2016 Nalacarte.All Rights Reserved.