nalacarte

奈良のアラカルト=ナラカルトは奈良の観察記録です。

東大寺の春/幾種類もの桜で境内一円を荘厳。すこぶる評判のおかっぱしだれ桜は正倉院の前で咲いています。

f:id:nalacarte:20190407104646j:plain

すでに散ってしまった桜、今こそが満開の桜、これから咲こうとする桜、東大寺にはさまざま種類の桜が咲き誇り、長きにわたって春を楽しませてくれます。なかでも名物のような存在のおかっぱしだれ桜は可憐な蕾もつけて今が盛り。不思議な形をしていますが鹿の届く高さの枝が鹿によって食べ尽くされているからです・・・いやはや!

f:id:nalacarte:20190407104724j:plain

f:id:nalacarte:20190407104756j:plain

f:id:nalacarte:20190407104832j:plain

f:id:nalacarte:20190407104906j:plain

境内は山と野原を抱え込んだような広大さです。背後の原生林から吹き渡ってくる風が色とりどりの花びらを参道に散り敷いています。在原業平が「世の中にたえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし」と詠みました。花びらが散るか散らぬかとハラハラとして落ち着かないと言っています。せっかくの春がすぐに終わってしまうと・・・いやはや。

f:id:nalacarte:20190407104940j:plain

f:id:nalacarte:20190407105014j:plain

f:id:nalacarte:20190417155244j:plain

f:id:nalacarte:20190407105247j:plain

f:id:nalacarte:20190417155326j:plain

f:id:nalacarte:20190417155400j:plain

f:id:nalacarte:20190417155428j:plain

f:id:nalacarte:20190417155458j:plain

 

Copyright(c)2016 Nalacarte.All Rights Reserved.