nalacarte

奈良のアラカルト=ナラカルトは奈良の観察記録です。

奈良公園 夏立つ/鹿の袋角 春蝉 萌え立つような明るさに包まれています。

f:id:nalacarte:20190520100430j:plain

野も山も緑一色。その中に梅雨入り直前の美しい花々が咲き誇っています。桜と藤が散った後の華やぎがさんざめいています。色といい、香りといい、小さいながらも神々しいまでの気高さにあふれています。まるで天外に遊ぶよう。夏の気が立ち始めました。

f:id:nalacarte:20190520100504j:plain

f:id:nalacarte:20190520100531j:plain

f:id:nalacarte:20190520100601j:plain

f:id:nalacarte:20190520100626j:plain

f:id:nalacarte:20190520100649j:plain

鹿の角が生えてきました。表面に皮をかぶせたような形の袋角(ふくろづの)です。柔らかく、血管が見えるほど透きとおった感じさえあります。昔は薬用として珍重されたとか。やがてこの角は枝分かれして秋になると固い角に変身するのです。この季節、この辺りでは蝉が鳴き始めます。春蝉とも、松蝉とも言われ松林で聴くことができます。奈良の自然が息づいています。

f:id:nalacarte:20190520100719j:plain

f:id:nalacarte:20190520100737j:plain

f:id:nalacarte:20190520100755j:plain

f:id:nalacarte:20190520100813j:plain

f:id:nalacarte:20190520100839j:plain

f:id:nalacarte:20190520100901j:plain

 

Copyright(c)2016 Nalacarte.All Rights Reserved.